投資方針

外出規制で出費が減った。その分投資に回してアーリーリタイアを早めます。

こんにちは。でんすけです。

緊急事態宣言は解除されました。
東京スカイツリーが営業再開したり、あちこちで3密状態なってしまいます。
5月までは休校でしたが授業を開始している学校も増えています。

コロナウイルス感染の第二波が不安になります。
その第一号として北九州市ではクラスターが発生して感染者数は日に日に増えています。

その波が全国各地でまた広がることも予想されます。

5月に入り、気温も湿度も高くなり、ウイルスは活動し難い環境になっています。
外出規制をしていても感染者はいるのに、
外出規制を解除すればまた爆発的に増えることになるでしょう。

そもそも外出規制は感染を遅らせるだけで、ウイルスをゼロにすることはできません。
ウイルスにかからない身体を作らない限り根絶できません。

そのためにはワクチン開発を完了して、そのワクチンを世界全体に撒き散らさないといけません。
ワクチンばらまきが終わらない限りウイルス感染は続くと思っています。

外出規制で出費の変化

外出規制で出費が増えた人、減った人それぞれいると思います。
私は出費が減りました。

もともと引きこもり気質なので、
そんなに苦痛になることもありません。
毎日アマプラで映画・ドラマ・アニメを見て快適な生活を送っています。

減った理由は、主に外食、飲み会がゼロになったので、
月に3万円くらいは出費が減りました。

物欲があまり無い分、美味しいものにはお金をかけてもいいと思っているので、
外食・飲み会では贅沢をするようにしています。

外食することが無くなれば、その分自炊の費用は増えます。
自炊の材料は業務スーパーで大量に安い肉・野菜・魚を買っています。
自炊の回数が何回か増えたところで費用に大差ありません。
むしろ賞味期限が切れたり、腐らせて捨てる量が減るだけです。

ということで食費であまった月3万円くらいをどうするかですが、
今までは貯金して現金比率を上げていました。

私は、コロナウイルスの心配がなくなれば贅沢したいという願望よりも
早く会社を辞めたいという願望が強いです。

投資をしていると貯金残高が上がってくると不安になってきます。
現金は3〜6ヶ月分の給与が確保されていれば、それ以上は不要ですからね。

具体的な金額では一人暮らしでは60万円くらいあれば十分だと考えています。

投資額アップ


私は現金を持っていることがリスクだと思っているので、
入金力をアップさせて毎月の投資額を増やします。

1億円の資産を作ってアーリーリタイアする机上の空論があります。

FIREムーブメント積立投資で実現する。こんにちは。でんすけです。 20代、30代でFIREムーブメントを目標にすることが流行っています。 三菱サラリーマンは、高い入金...

そのために投資資金はドルを定期買付をしています。

【超簡単】おすすめのドル転方法 積立米国株投資に最適こんにちは。でんすけです。 米国株投資VOOやVGTなどの米国ETFを購入する場合、米ドルで購入します。 米ドルが口座にたんまり...

今までの設定は1日1万円です。
ただし、土日祝は買付されないので月に約20万円です。
その設定を1日1.2万円(月に約24万円)を投資するように変更します。

入金力をアップさせれば、その分複利の力も強く働きます。
設定を変えて持続できれば、今年の入金力は264万円です。
年初の方針は200万円なので64万円アップです。

今後もこの入金力アップ(年64万円)が維持できた場合、
当初の計画の3年早く資金が1億円を超えます。
合わせて、アーリーリタイアも3年早めることができます。

多少の誤差があっても絶対に可能な金額を設定していました。
今回の机上の空論は半年の実績を見て計算し直したものです。

20年の内の半年しか継続できていませんが、
なんかワクワクしてきました。
アーリーリタイアの計画をたてると気分が高揚するのは私だけでしょうか?

まとめ

効果のある治療薬もワクチンも開発されていない状況で外出規制を解除すれば、一時的に遅くなった感染速度も元のように早まります。
外出規制が解除されてきてはきましたが、今後また外出規制されることになる可能性が高いです。
外出規制で支出を減らすことができるのであれば、その支出を投資に回して入金力をアップしましょう。
入金力が高ければ、複利効果も高くなり資産の増加速度は倍増します。

さっさと辞めて自由の身になりましょう。

最後まで見てくれてありがとう。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です