積立NISA

高学歴イケメンパチンカス君を救いたい。 その3

こんにちは。でんすけです。

まだ前回の記事を見てない方はこちらからどーぞ!

高学歴イケメンパチンカス君を救いたい。 その2

高学歴イケメンパチンカス君を自慢作戦でSBI証券口座開設に結びつけました。

高学歴イケメンパチンカス君は資産運用に関する間違った考えを持っていました。

間違った考え1

資産運用=金を増やすこと
高学歴イケメンパチンカス君は資産運用は金を増やし使うことと考えております。
この部分は間違っていないのですが、それがとても短期的なトレードをイメージしていました。
運用した資金と利益もすぐに使うという考えでした。

私の自慢作戦では、前日と今日の資産額を比べて何万円増えたよって1日おきに自慢していたので、
増えた分は遊びで使える、贅沢できるという考えを持れてしまいました。
(私の責任です><)

高学歴イケメンパチンカス君は、お金はあれば使う、増えたら使う、持ってたら使ってしまう性格らしいです。
ただし、貯金用口座をもっており給与の一定額を入れるようにしています。
それ以外は使う主義のようです。
性格には合致した家計管理だと思います。

その一部を積立NISAに回そうとしているのですが、
少し認識が違っていました。

10万円投資して、得た利益1万円だったとすると、
高学歴イケメンパチンカス君は11万円使うという考えていたのです。

資産形成している方は利益の1万円を使うもしくは使わず再投資という考えになります。
パチンコ脳では元本も利益分も全て使うという考えでした。

稼いだものはすべて使う。男らしいっちゃ男らしいけど・・・
その方法だと労働所得を頼りにするしか生活できないよね。

まずは積立でどのように資産が増えていくか説明しました。
積立NISAの満額月33,333円(年40万円)積立期間20年間のシミュレーションを見せました。

元本800万円、運用収益740万円です。
これで利益も運用すれば、雪だるま式にどんどん資産が大きくなるとしっかり説明しました。

間違った考え2

高学歴イケメンパチンカス君はパチンコ脳なので、ゼロサムゲーム、マイナスサムゲームの勝負しかしたことがありません。
プラスになったらその時点で利益を確定して、贅沢をする。そういう考えはなかなか改まりません。

パチンコは、4円の玉の数を増やすゲームです。
1000玉を0玉にするか、10倍の1万玉にするかです。
1万玉に増えたとしても翌年100玉増えるなんてありえません。
1万玉持っている人から100玉づつ奪い取り続けるのがパチンコですからね。
増えた玉は奪われる前に換金しないといけないという考えでした。

しかし、株などの資産運用は違います。
株は”金の卵を産むニワトリ”です。
パチンコでの増えた玉の換金は、株でいう売却ということになります。
”金の卵を産む鶏”を殺して食べるということを理解しないといけません。

ニワトリを持ち続けていたら金の卵を産み続けます。
その卵を育てるといずれニワトリになりそのニワトリも、金の卵を産みます。

これは複利の効果です。
パチンコでは味わうことのできない醍醐味です。
これを味わえるようになれば、パチンコから離れてくれると思うのですが・・・

高学歴イケメンパチンカス君は、手強い相手です。
思うように伝わりません。。。
実践タイプな気もするので、口座開設したら実際に投資してみて実感してもらわないといけないですね。

おすすめの投資信託

私が選ぶとしたら、以下の4つの条件で選びます。
1信託報酬が安いインデックスファンド
2米国式株式中心
3日本株、新興国株は0or10%以下
4債権、不動産割合は0or20%以下

具体的な銘柄は、主軸で米国株中心のファンド50~100%、
残り0~40%でしゃーなしのバランス(債券重視型)を入れます。
積立NISAは債券やREIT単体で買えないから困る。

主軸

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・バンガード・S&P500)
楽天・全米株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
ニッセイ外国株式インデックスファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

一部

ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)

って感じです。参考にしてもらえたら嬉しいです。
今後も高学歴イケメンパチンカス君の動向が気になる方はクリックして欲しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
高学歴イケメンパチンカス君を救いたい。その4こんにちは。でんすけです。 大人気「高学歴イケメンパチンカス君を救いたい。」シリーズでーす。 人気ではないって!? 好き勝手書...

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です