大家さん

ボロ戸建て内見してきたよ

こんにちは。でんすけです。

私の幼少期の夢は大工になることでした。
以前の記事を先に読んでいただけると、嬉しいです。

違う方法で大工になれる!こんにちは。でんすけです。 幼少期の夢(大工になりたい) の続きです。まだの方は先にこちらからどーぞ! 夢を語ると魅力に感...

やっっっっっっっっすいボロ戸建てを買って自分でリフォームをすることで
家が好き、木が好き、自分の思い通りに作れる、最終的には自分のものという全て私自身の理想を手に入れることができます。
そして、幼少期の夢だった大工気分を味わえて、自分の責任で1から10まで仕事ができます。

不動産投資は不労所得ではないと理解しています。リフォーム・客付け・管理などやることは盛沢山です。
どうしてもチャレンジしてみたいと思っていました。

前回は廃墟のような家と+αの内見に行きました。

【不動産投資】内見してきて、米国株投資の簡単さに気付いたこんにちは。でんすけです。 不動産の内見に行ってきました。 いきなり買うとか、投資するとかそういう気はありません。 実際に見て...

そこで米国株の簡単さに気付き不動産投資はもう当分考えなくても良いと思っていました。
しかし、やっぱり夢は捨てきれません。
毎日10分くらい、’at Home’や’Homes’などの不動産サイトで近くの戸建て住宅を探し続けていました。
今回は、Homesで見つけた物件です。

内見した物件

スペック

250万円
木造2階築42年
4DK
57坪
住宅地
私道6m(1/4)
駐車場縦列2台
上下水
都市ガス

スペックだけ見ると、古いけど設備がぱっちり揃っていていい感じです。
写真で見る感じではそんなにボロくないし普通に使えそうな家でした。

前回一緒に内見に行った先輩にも声をかけましたが、
ひどくボロくて格安の物件は懲りたのか、一瞬の迷いもなく断られちゃいました><

私は気になったのですぐに内見の申込をして数日後、内見に行くことになりました。
しかもちょうど有休を使った日にアポが取れてウキウキしながら見ることができました。

実際に見てみると

市街地から少し離れた住宅街で、近くには空家っぽい建物は見当たりませんでした。
しかも近所は外構がオシャレな家が立ち並んでおり、1ブロック離れると新築中の戸建てもありました。

立地はかなり良い印象でした。

事前に地下相場も調べているとまぁまぁ高いところで土地代だけでも結構しそうなところでした。

家の前に着くと、不動産屋の兄ちゃんが先についていました。
家の周りはジャングル!!
身長190cmの私の腰の高さはあったので1mはあったでしょうか。。。
嘘です。見栄を張りました・・・

70cmくらいの草が生い茂っていました。
壁の周りは草刈りを不動産屋の兄ちゃん自ら実施したらしいのですが、それにしてもボーボー!
駐車場に車を停めるだけで苦労しそうな物件です。

中に入ると、意外と綺麗なプリント合板の壁の廊下、ちょっと床が緩めの洋室、小汚いキッチン、薄暗い和室、和式のトイレ、意外と広かった脱衣所、小さい風呂があった1階でした。
2階は、普通の和室、とっても汚い和室の2部屋でした。

気になった点

そんな感じの家でしたが、気になった点があります。
2階のとっても汚い和室はの天井には雨漏りのシミがあり、畳1枚なくなっていました。
雨漏りの修復は大変と聞いたことがあり、とても不安です。

良く見ると、一番雨漏りシミが大きかった部分の畳はしっかりしていて、関係ない部分の畳が無くなっていました。
安易な考えかもしれませんが、外壁は再塗装されており、雨漏りついでに修復しているんじゃないのかと考えています。
そうじゃなきゃ困る!!!笑

その理由として、2階の畳には長年荷物を置いていた形跡があり、居住部屋ではなく、物置部屋として使われていたのではないかと想像できます。
雨漏りをしている場所を物置として使うことはないんじゃないかと推測しました。
なんと甘い考え!!!!!

次に気になった点は和式便器です。今時こんなの使う人居ないですよね。
交換が必要でしょう。 タイル・コンクリを斫って便器をぶち壊し、床と壁を作って洋式の便座とウォシュレットを付ける必要があります。
DIYではとても大変そうです!!

バスタブに亀裂があり修復が必要そうです。ただし、外側なので、どうにでもなりそうです。
というか、バスタブの色がカッサカサになってるから塗装がいりそうです。
そして、タイル張りで冬は寒そうなのでシートも貼らないといけないでしょう。
さらに、壁もタイルで薄汚いので塗装した方がいいでしょう。

あとは、緩い床、ぼろい壁紙は当然張り替えが要りそうです。

一番気になった物件の悩みとして、駐車場の入り口が狭く隣の敷地を跨がないと車の出入りができません。

図の通り、隣の敷地を跨がない限り、車の駐車はできません。
私道は4件平等に持ち分があるので良いですが、駐車の度にC宅に入るのはよろしくないですよね。

C宅は車がないので、いつでも通って良いと言っているものの後々揉める元は排除しておきたいですね。
そんな感じでいろいろ気になる点は山盛りでした。

一般人に売る前に業者に(カチタスみたいなところかな?)査定してもらった結果は二桁万円だったそうです。
家主はもっと高く買っているので納得はいかず、不動産屋の仲介で売却を考えていたみたいです。

ということで、2桁万円じゃ、売ってくれないでも250万円では高すぎるきがする。

指値

株と同じ様に不動産も指値ができます。
今回のような問題山盛りの物件はいろいろケチ・・・いや、いろいろ補修するところがいっぱいだとか、家主がやらないといけない面倒なことも全てやるから安くしろと値段を出して交渉します。
リフォーム合わせて利回り20%くらいになればいいかなと思ってえんぴつなめなめすること2日間で170万円で指値をしました。

めっちゃ怖いけど指値しました。
買う気持ちがあるという意思を伝えるものでもあります。

仲介の不動産屋の兄ちゃんがどう動いてくれるかで無事買うことでき幼少期の夢をかなえることができるかもしれないし、できないかもしれない。
どう転ぶか不動産屋の兄ちゃん次第!

ぶっちゃけ怖いので交渉決裂して欲しいと思っている今日この頃・・・
29日までに決着がつくみたいです。

最後まで読んでくれてありがとう。

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です