ETF

ランキング上位の米国高配当ETF【SPYD】は落ちこぼれ企業の集まり

こんにちは。でんすけです。

いつも売買代金ランキング上位にいるSPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)について紹介します。

高配当というと不労所得というイメージが高く、個人投資家に人気です。

SPYDの概要

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF)は、S&P500高配当指数(同指数)のトータルリターン(経費控除前)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。
同指数は、配当利回りに基づき、S&P500指数の採用銘柄のうち配当支払い上位80銘柄のパフォーマンスを計測することを目標とする指数である。

価格 26.76ドル
配当利回り 5.31% 7/10現在

 

組み入れ銘柄

ティッカー 名称 割合% 業種
GILD Gilead Sciences Inc. 2.57 ヘルスケア
ABBV AbbVie Inc. 2.55 ヘルスケア
GIS General Mills Inc. 2.51 生活必需品
DLR Digital Realty Trust Inc. 2.46 不動産
CCI Crown Castle International Corp 2.45 不動産
KHC Kraft Heinz Company 2.25 生活必需品
AMCR Amcor PLC 2.14 素材
AVGO Broadcom Inc. 2.12 情報技術
K Kellogg Company 2.06 生活必需品
CAH Cardinal Health Inc. 2.00 ヘルスケア
VZ Verizon Communications Inc. 1.97 コミュニケーション・サービス
D Dominion Energy Inc 1.92 公益事業
WMB Williams Companies Inc. 1.83 エネルギー
PFE Pfizer Inc. 1.82 ヘルスケア
DUK Duke Energy Corporation 1.81 公益事業
PM Philip Morris International Inc. 1.80 生活必需品
IBM International Business Machines Corporation 1.80 情報技術
BEN Franklin Resources Inc. 1.79 金融
DOW Dow Inc. 1.78 素材
IRM Iron Mountain Inc. 1.78 不動産
FE FirstEnergy Corp. 1.73 公益事業
HBI Hanesbrands Inc. 1.71 一般消費財・サービス
NWL Newell Brands Inc 1.70 一般消費財・サービス
MO Altria Group Inc 1.70 生活必需品
T AT&T Inc. 1.70 コミュニケーション・サービス
IP International Paper Company 1.68 素材
LYB LyondellBasell Industries NV 1.66 素材
CVX Chevron Corporation 1.66 エネルギー
PFG Principal Financial Group Inc. 1.65 金融
SO Southern Company 1.64 公益事業
O Realty Income Corporation 1.63 不動産
STX Seagate Technology PLC 1.58 情報技術
CNP CenterPoint Energy Inc. 1.57 公益事業
IPG Interpublic Group of Companies Inc. 1.56 コミュニケーション・サービス
PEAK Healthpeak Properties Inc. 1.56 不動産
MET MetLife Inc. 1.54 金融
EIX Edison International 1.52 公益事業
PPL PPL Corporation 1.51 公益事業
PBCT People’s United Financial Inc. 1.48 金融
REG Regency Centers Corporation 1.46 不動産
KMI Kinder Morgan Inc Class P 1.44 エネルギー
WRK WestRock Company 1.44 素材
CTL CenturyLink Inc. 1.43 コミュニケーション・サービス
RF Regions Financial Corporation 1.41 金融
XOM Exxon Mobil Corporation 1.40 エネルギー
PRU Prudential Financial Inc. 1.39 金融
PSX Phillips 66 1.37 エネルギー
HBAN Huntington Bancshares Incorporated 1.32 金融
VTR Ventas Inc. 1.29 不動産
KEY KeyCorp 1.29 金融
VLO Valero Energy Corporation 1.27 エネルギー
UNM Unum Group 1.26 金融
IVZ Invesco Ltd. 1.25 金融
HRB H&R Block Inc. 1.25 一般消費財・サービス
WELL Welltower Inc. 1.23 不動産
VNO Vornado Realty Trust 1.14 不動産
SLG SL Green Realty Corp. 1.12 不動産
WFC Wells Fargo & Company 1.11 金融
SLB Schlumberger NV 1.08 エネルギー
SPG Simon Property Group Inc. 0.97 不動産
OKE ONEOK Inc. 0.78 エネルギー
70286227 STATE STREET INSTITUTIONAL LIQ STATE STR 0.10 その他
CASH_USD U.S. Dollar -0.01 その他

2020/7/10現在

上位はコロナウイルスの影響でバイオ関連や食品関連が多くを占めており、
金融や石油などの銘柄は比率が下がっています。
ギリアド・サイエンシズが1位になっているのは、コロナウイルスの治療薬レムデシビルを開発しており、株価は少しずつ上がっていることが要因の一つです。
しかし、そのことより下位の不動産・エネルギー金融関連が大きく下げて構成比率が下がっていることが原因です。

業種別構成比率


不動産、金融、公共事業、エネルギー関連の割合が高いです。

高配当なので成熟・衰退産業が多い印象です。

高配当銘柄の寄せ集め

ここからは私独断の偏見タイムです。
高配当となる要因として、潤沢な財務があり設備投資や買収で事業を拡大する必要がなく
株主に還元したいと配当金を上げるパターンがあります。
こちらは良い例です。
財務がうるおっている企業で配当を出し続けてくれる安心できる企業を株主は放ってはおきません。
例えば、コカ・コーラ、P&G、ジョンソンエンドジョンソンなど成熟してうるおっている会社は、
SPYDで選ばれるほど高配当にはなりません。
なぜかというと、株主が放っておかないから買いが入ってしまい配当利回りが下がらないからです。
株かも右肩上がりです。

高配当株と言われる企業は、カッサカサの財務で将来に不安があり、
減配・無配転落の恐れがあるのを見越して株主が売り去った後の銘柄です。

ようは売れ残った時代遅れのクソ株です。
株価は下がっていくし、減配・無配の恐れもあるし不安だらけです。

でも、組み入れ銘柄をリバランスするから大丈夫!!
なんて安易な考えを持たれている方もいます。
それは間違っています。

S&P500の場合、ほとんどが時価総額順で決まっています。
株価が下がったら組み入れから外れて、成長して株価とともに時価総額が上がった銘柄が組み入れられます。

この場合、衰退した企業が外れて、今後も成長を見込める企業が組み入れられるので、インデックス投資としては最適です。
成績の悪い会社が落ちて、成績が良い会社が入る。
このような組み入れ銘柄の変更はパフォーマンスを押し上げます。

SPYDの場合、組み替えられる要因として、3パターンあります。

〇→✖ 株価が上がり、配当利回りが下がり 入れ替わる
✖→△ 株価が下がり、S&P500銘柄からも外れ 入れ替わる
✖→〇 減配・無配転落し、配当利回りが下がり 入れ替わる

組み入れ銘柄が変わることでパフォーマンスを押し上げるものを〇
パフォーマンスを下げるものを✖
変わらないものを△
としました。

入れ替わる度にパフォーマンスが下がることばかりしています。
S&P500がスタメンベンチ入りを含めたメンバーだとすれば
SPYDスタメンには選ばれることがない補欠メンバーばかりの集まりです。

成績が良くなってスタメン入りすれば、補欠集団から外れます。
私は、成績が悪い補欠集団に自分の大切なお金を賭けるようなことはしません。

最後まで読んでくれてありがとう。

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です