投資実績

2020年4月 VGTとVOOを購入したよ

こんにちは。でんすけです。

今月も積立買付をしましたので、報告します。

VGTを4株、VOOを4株購入しました。


「バンガード米国情報技術セクターETF(VGT)」を4株と
「バンガードS&P500 ETF(VOO)」を4株
購入しました。

いつも通りNISA枠でVGT、特定口座でVOOを購入しました。

これまでの取引及び取得単価です。

VOO
年・月 株数 買付単価 買付価格
2020年1月まで 25 272.78 6819.38
2020年2月 4 293.78 1175.12
2020年3月 8 221.12 1768.96
2020年4月 4 256.61 1026.44
合計 41 263.17 10789.90

4/28現在 $263.9なので、プラ転!!!したってことですね。
先月安く、しかもいつもより多く購入できたのが効いています。
ドルコスト平均法を上手く利用できたと思います。

VGT
年・月 株数 買付単価 買付価格
2020年1月まで 4 261.66 1046.64
2020年2月 4 251.33 1005.32
2020年3月 5 207.91 1039.55
2020年3月 4 230.55 922.20
合計 17 236.10 4013.71

4/28現在、$236.55なので、VGTもプラ転したってことです。
長期投資なので、気にしているようではダメなのでしょうが、やっぱり嬉しいです。
含み損ばかり見ていてもストレスたまりますからね。

VGT

VGTは米国情報技術セクターのETFです。
NISA枠で購入しています。

コロナショックまで好調だったS&P500を引っ張ってきたセクターで、
大きくアウトパフォームしています。

私の会社では、まだまだほど先になりそうですが、
世間では在宅ワークが当たり前のようになってきました。

在宅ワークになっても使用しないといけないデバイス等、
生活必需品と化しているいま、あまり影響を受け難いセクターだと言えます。

コロナショックの1番底からは55%回復しており、
いち早く抜け出してくれることが期待できます。

VOO

米国株投資家に一番人気と言っていいETFです。

S&P500は米国株上位500社にまとめて投資をします。
世界で優秀な銘柄500社を一気に投資できます。

2~3社ミスって倒産したとしても他の497社が頑張ってくれるので、
どうにかなる。と考えています。

それこそ、10年、20年の長期投資であれば、
脳死状態で定期的に買い増しすれば、絶対資産は増えるでしょう。

経費率0.03%で業界最安です。
1億円資産があっても、年間3万円しかかからないってことです。
コロナショックが落ち着けば、バンガード社からの経費下げの案内が
聞けることを願っています。

まとめ

4月も今まで通り、VGTとVOOを購入しました。
2番底がくるのか、こないのか。
コロナウイルスは収束するのか、しないのか。

至近の値動きが予想できないいま、
分からないなりに、いつも通り買い増しをするだけで、
将来潤沢な資産を築くことができると思います。

長期で見れば、今の値動きは誤差に思える日がくると思っています。

2020年3月 VGTとVOOを購入したよこんにちは。でんすけです。 今月も積立買付をしましたので、報告します。 VGTを5株、VOOを8株購入しました。 「バンガード...

最後まで見てくれてありがとう。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です