銘柄分析

【良い決算】ドミノピザ【DPZ】

こんにちは。でんすけです。

ドミノピザ2020年2Q決算発表がありました。

EPS 予想$2.25/実績$2.99
売上高 予想914M/実績920M
売上高成長率 前年同期比+13.4%

良い決算です!

ドミノピザの概要

1960年に設立されたドミノピザは、小売販売に基づく世界最大のピザ会社であり、配送と持ち帰り用のピザ両方で事業を展開しています。
世界のトップのレトランブランドの1つであり、90を超える国に17,100以上の店舗を展開するグローバル企業です。
2019年の世界の小売売上高は143億ドルを超え、米国では70億ドル以上、世界では73億ドル近くに上ります。
2020年の第4四半期、Dominoの世界の小売売上高は34億ドルを超え、米国では19億ドル、世界では15億ドルを超えています。
2020年第2四半期末の時点でドミノの店舗の98%を占める独立したフランチャイズ店で構成されています。
技術革新に重点を置くことにより、主にオンライン注文やモバイルアプリケーションなどのデジタル注文で、
2019年の全世界の小売売上高の半分以上を達成することができました。
米国では、デジタル注文経由で売上の65%以上を生み出し、革新的な注文プラットフォームを開発しました。
Google Home、Facebook Messenger、Apple Watch、Amazon Echo、Twitter向けに開発されたものを含むいくつかの革新的な注文プラットフォームを開発しています。
200,000を超えるユニークな非伝統的な配信場所を備えています。
2019年6月に、Nuroとの発表されたパートナーシップを通じて、Dominoは自動ピザ配達の調査とテストをさらに進めました。
2019年後半、ミシガン州アナーバーの本社に隣接するドミノズイノベーションガレージをオープンし、
継続的なテクノロジーと運用革新を促進すると同時に、GPSテクノロジーを発表し、配達ドライバーの店舗から玄関先までの進捗状況を追跡できるようにしました。
2020年半ばに、ドミノは、顧客が前払いのオンライン注文を行うときに選択できるドミノのCarside DeliveryTMを介して
全国の非接触キャリーアウトを注文するまったく新しい方法を開始しました。
これで、顧客がオンライン注文を行うときに前払いの選択ができます。

しょぼい日本語ですみません。。。。
要約すると、ただのピザ屋さんではなく、ほとんどフランチャイズ店にしてしまい、
儲けの少ない仕事は個別にやらせて、利益率の高い仕事をやっています。
ITを駆使して注文方法の改善やデリバリーの改善に力を入れて
売上を伸ばし続けている企業ってことだと思います。

本社に隣接するドミノのイノベーションガレージをオープンしました
ミシガン州アナーバーにある本社に、継続的な技術と運用革新を推進すると同時に、GPS技術も発表し、
顧客が店舗から玄関先までの配送ドライバーの進捗状況を追跡します。
2020年半ばに、ドミノは非接触型を注文するまったく新しい方法を開始しました。
ドミノのCarside Delivery TMを介して全国的に実施します。

株価チャート


キレイナ右肩上がりです。

最近、GAFAMとのチャート比較が話題になりました。

10年以上のチャートで切り取るとAmazonやFacebookよりも成長しています。

でもここ数年では、ダントツな成績だった訳ではありません。
しかし、GAFAMに肩を並べられるくらい優秀なパフォーマンスです。

買いか?

直近の決算は良い結果でした。
買うのもありかなとは思いましたが、2019年3Qより前はずっと決算ミスっているので、
2020年3Qの決算成功で4回連続成功します。

それを待ってからでも遅くはないのかなと思います。
ある程度成長しているので、買うとしてもキャッシュフローが潤沢かどうかもしっかり調べてからですね。

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です