雑記

三菱サラリーマン出版して叩かれてるけどひねくれ者には刺さるものがある

こんにちは。でんすけです。

通販で購入するに当たって、気にすることはレビューです。店舗で買う場合もAmazonレビューをチェックしてから購入する人も多いくらい重要なところです。
三菱サラリーマンこと穂高唯希さんが本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法を7月2日に出版されました。

この本のレビューは一部の人は高評価をしていますが、ほとんどが散々なことを書かれており、かなり叩かれています。
評価は現在★2.1で低い評価が多いです。

レビュー内容は、以下の3点で批判されています。
①投資方針・資産形成
・減配・無配に転落した銘柄にポートフォリオに加えており、さらに今後減配・無配のリスクの高い高配当投資をしている。
・インカムゲインの配当金・分配金のみに着目して、株価の下落に伴う資産総額の減少について考慮されていない。
・投資で儲けて資産を作るというより節約で資産形成をしている。

②再現性
・中高一貫校→慶応→北京大学(東京大学よりも上)に留学して超が付くほどエリート街道を進んでいる。
・三菱系の国内大手企業に入社して相当な高給取り。

③矛盾
・本を出版しているのに本は図書館で借りて読んでいる。
・自身のことを三菱サラリーマンとブランディングしているのに、会社のことを豚舎と表現している。

レビューについて同感な部分もあります。ただ、得る部分を多くあります。
但し、本は買っていませんww

レビューを見る限り、ブログの内容とほとんど変わらないので私は欲しいと思わなかっただけです。

レビューについて

批判レビューが多いです。私も同感する部分があります。

投資方針・資産形成

高配当で7000千万円の資産を作ってFIREを達成したとあります。
しかし、コロナショックの影響で高配当株は下げっぱなしでさらに減配・無配転落をしているので総資産額で言うと投資で儲けた額というのはほとんどない状態だと想像できます。

ポートフォリオ上位4銘柄のチャートです。ぱっとしない銘柄ばかりです。

節約で支出を抑えて貯めた資金がほとんどではないでしょうか。

高配当投資について、減配・無配転落、総資産額についての重要なところの説明が抜けていることが批判につながっています。

今までも高配当株は総資産額でいうと市場平均を下回り続ける成績しか出せていません。
こんなのを推奨されても初心者は困ります。

ぶっちゃけ私は三菱サラリーマンのブログを読んで投資を始めました。
なので、高配当株・J-REITに魅力も感じましたし、実際に投資もしました。

しかし、配当金・分配金はもらえるけど明けても暮れても含み損です。

総資産額で減るなら投資する意味ない!と気付き、今はS&P500インデックスを中心にキャピタルゲインを狙えるハイテク株にシフトしています。
投資を勧めるなら高配当よりインデックス投資でしょう。。。と思ってしまいます。

再現性

普通のサラリーマンが始めようにも無理があります。
転職しても年収1000万円を超えることはできません。

スーパーエリートだからこそできたFIREだと思います。

給料が2倍になれば、投資額は2倍どころか10倍になることもあります。
給料20万円 生活費18万円→投資額2万円
給料40万円 生活費18万円→投資額22万円

給料が高いからこそできたFIREであり、
普通のサラリーマンが同じことをやろうとしても絶対にできません。

矛盾

読者同じようにFIREを目指してわざわざ本を購入しているのに、その読者に図書館で借りることを推奨しています。
これはやってはいけません。

本の購入費用を教育費用として捉える人もいれば、詐欺師だと感じる人もいます。
どちらにしても良い思いをしませんね。

三菱サラリーマンというブランディングについては、著名としても使ってしまえば組織を敵に回すことになるかもしれませんが、「会社を上手く利用してやったな。」って思う人も多くなるかもしれません。
いい顔しようとして中途半端だったのが裏目に出たと思います。

刺さるもの

ほとんどの批判レビューに同感してしまいましたが、三菱サラリーマンのブログを読んで刺さるものが多くあります。
先ず、会社のことを豚舎と呼んでいる点について、私は会社の立ち位置を牧場と表現していました。

私=羊
上司=牧羊犬
経営者=人間

これは豚舎と通ずるものがあります。そのひねくれた考え方が一致して文章の組立もキレイなブログに惹かれてファンとして更新の度に読んでいます。

無駄な出費は極力抑えて、給料のほとんどを投資に回す。
という節約思考はとても参考にしています。社会人になりある程度の給料を貰うと無駄遣いをしてしまいました。
節約思考を改め投資に回す割合を上げています。

給料=麻薬と表現しています。
昇給するし、退職金の積み上げ額も上がり、雑用が減り後輩も出来仕事がしやすくなる。
長く働けば働くだけ気持ちよくなる度合いが高くなり、止められなくなります。

そして、時間の希少性、金銭的に欲求にはキリがない、リタイア=給料の純減ではないという考えがあり麻薬を断つ必要があると言われています。

牧場や豚舎にいることが楽しくて仕方がないのであれば、麻薬を貰いつつ楽しめば良い。
ですが、楽しくもないのに続けるのは数限りある時間を無駄にしてしまいます。
そのような考えも一致して私の心に刺さりました。

ということはですよ。
三菱サラリーマンは同じひねくれ者ってことです。

まとめ

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法は購入していないけど、Amazonレビューがひどいことになっていたので取り上げました。

この本のレビューとブログから読み取れることは、
①高配当投資はするな
②高給取りしか勝たん
③節約は大事
④本は買わずに図書館で借りろ
⑤給料は麻薬
⑥三菱サラリーマンはひねくれ者

皆さんも参考にしてFIREを目指しましょう!

最後まで読んでくれてありがとう。

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です