雑記

【楽天経済圏】楽天証券で投資するのもありな気がする

こんにちは。でんすけです。

楽天経済圏とする場合、必須の事項としてSPUを上げなければなりません。
楽天カード、楽天銀行、楽天市場アプリは登録または使用するだけでポイントが上がります。

その他は、実際に会員になったり、買い物をしなければなないので使う人が使えばお得かもしれませんが、
使う予定のない人にとっては無駄な出費になることがあります。

しかし、楽天証券は別枠です。

楽天証券でSPUを得るには月1回500円以上のポイント投資(投資信託)をするだけです。
楽天カードでの支払いや、楽天市場で買い物した時のポイントを投資するだけです。

ポイントを要らないものに使うのではなく、将来のための投資に使うことができます。

私は、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に月500円積立投資をし始めました。
その500円の内、1%はポイントキャッシュバックされます。
また、最大月5万円までなら1%ポイントキャッシュバックされます。
毎月の投資している額の一部を楽天証券で運用するのもありかなっと感じてきました。

株取引はSBI証券、通販はAmazon派だったのですが、先日ルンバの購入は楽天市場で購入しました。
そのためにSPUを5.5倍まで上げました。

楽天マスターから見ればたったの5.5倍かよって思うかもしれませんが、
要らないものまで入会や買う必要はないので、最低限無料でできることをしました。

ポイント5.5倍はバカにならない還元率ですね。

さらに0と5が付くボーナス日、お買い物マラソンと合わせると
10%を超えるポイント還元率です。

楽天経済圏にハマる人が多い理由が分かった気がします。

そしてなんと、投資をして1%の強制利確ができることに魅力を感じます。
投資で1%って簡単に稼げるないことは分かっているので、
非常にありがたい制度だと思います。

毎月VGTとVOOを定期で買付していますが、特定口座のVOOの買付分を投信に分けるのも
アリな気がします。

SBI証券にこだわる必要はありませんからね。
ってことでいつかは月上限5万円を楽天証券の投資信託に変更します。

最後まで読んでくれてありがとう。

ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です